人材育成

フォトニクスヒルズ

大阪大学は歴史的に光科学のメッカとして知られ、最多数の光科学研究者を配し、光学・分光・光化学・光バイオロジーなどの分野を開拓してまいりました。そして今、私たちは「フォトニクス」のキーワードの下に、産業イノベーションを産学協働によりめざすPARC(文部科学省)、環境エネルギー健康技術開発をすすめる光エコライフ技術開発拠点(経済産業省)、アジア・世界のフォトニクス研究教育を推進するアジア先進ナノフォトニクス研究教育拠点・グローバルナノフォトニクス研究教育拠点(日本学術振興会)の3事業をフォトニクスセンターとして有機的に集約し、イノベーションを加速する体制を築きました。これから私たちはこのフォトニクスセンターから新たなフォトニクス産業の創出をめざし、千里丘陵をフォトニクス産業の集積する「フォトニクスヒルズ」としたいと考えています。

フォトニクスヒルズについての詳細はこちら